« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年5月

春宮三の御柱

20160516_3

セレモニーが終わり垂れ幕が降ろされました。
「至誠通神」と書いてあるのですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立ち上がる御柱

20160516_2

狭い場所なので、垂直になってからの地固めに時間がかかりましたが、建て御柱は無事終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春宮一の御柱

20160515

建て御柱が終わった翌朝の「春一」。
後ろに組んである柱は、御柱を建てているときに神殿を傷つけないようにガードする役割があるのだと思います。(想像)
御柱祭が終わり、撤去されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御柱の曳行跡

20160516_1

秋宮の御柱は、春宮に木落としされてから秋宮へと向かいます。
正面に見える橋は下馬橋。
春宮を出た御柱がその脇を通っていった跡が見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗やみの中を木落とし

20160514_3

春宮へ落ちてゆくところ。
8本全ての木落としが終わったのは夜の10時半過ぎでした。
警備の人が言うには「今まででもっとも遅い」とのこと。
事故のあった前回よりも遅かった理由は、氏子の多さでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木落としを後ろから

20160514_2

家の前から春宮へ落ちてゆく御柱を後ろから。
この位置で見られることは通常ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里曳き開始

20160514_1_2

注連掛から落とされて曳行を開始する御柱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建て御柱を前に(2)

20160508_3

根本部分の穴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建て御柱を前に(1)

20160508_2

古い御柱は撤去され、新しい御柱を待つばかりです。
春宮境内は、まるで工事現場のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春宮への木落とし

20160508_1

春宮境内から見上げた写真。
この坂を春一と春二、それに秋一~秋四の計4本が落とされます。
春三と春四は、もう少し上になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅間山

20160505


佐久市阿古木地区から見た浅間山
昔から好きな場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニ木落とし

20160503

諏訪大社上社では今日から5日まで里曳きが行われています。
下社は5月14日(土)~16日(月)です。
注連掛を出た御柱は、里曳き初日に8本全てが春宮へと落とされます。
その場所に先日「御幣」が飾られました。御柱はここを抜けて春宮境内に落ちます。
御柱は長いうえに、角度のない位置から落とすので、関係者が経路を確認しています。
ちなみにこの写真は「我が家の前」から撮りました……。
里曳き初日の5月14日、お越しになる方は連絡下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天竜川はここから

20160501

諏訪湖の水が釜口水門を通り、ここから天竜川が始まります。
下流ほど水が澄んでいるという珍しい(?)川です。
水門の近くには、「琵琶湖周航の歌」を作った科学者小口太郎の像が建っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よいさロール

20160428

御柱だからロールケーキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »