« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

水月公園の桜

20160416_5

注連掛での写真と同じ日に撮りました。
4月16日の写真です。
高台にある水月公園(家より急坂徒歩5分)からは、下諏訪町内、さらには諏訪湖が臨めます。
開花はは例年よりも一週間程度早いでしょうか。
桜は見頃でしたが、広場で食事をする家族やグループは少なく、人出は以前よりも少なくなったように感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

注連掛にて(3)

20160416_4

注連掛を下から見た写真です。
5月14日からの「里曳き」は、ここからの「ミニ木落とし」で始まります。
ミニと言うけど坂は急で、前回は怪我人が出ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

注連掛にて(2)

20160416_3


「秋一」の御柱です。とにかく太いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

注連掛にて(1)

20160416_2
棚木場を出発し、木落とし坂を下った御柱は、ここ「注連掛」で5月の里曳きを待ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子綱

20160416
山出し期間中、何度も切れ、その都度縛り直して使った子綱です。
御柱から伸びている元綱にこれを結んで氏子が曳きます。
地区によっては切れづらいビニール製の縄を使うところもありますが、うちの地区はわらで作った荒縄です。これだと、捨てられても自然に帰るのでゴミになりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜(あすなろ公園)

20160413
建物は下諏訪町立図書館。
御柱祭のことばかり考えているうちに、気がつけば桜の花が満開になっていました。
例年よりも一週間くらい早いでしょうか。
  まさをなる空よりしだれざくらかな   富安風生
  散る桜残る桜も散る桜         良寛
  しきりなる落花の中に幹はあり     長谷川素逝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋一の御柱(木落とし)

20160410_3
昨日の写真と時間が前後します。
見る位置が横になってしまいましたが、これでも近い方です。
ベストポジションで木落としを見学するのなら、
 1.朝6時頃には柱のある場所へ到着し、
 2.柱に近いところに縄を付け、
 3.曳行開始まで3時間ほど待ち、
 4.昼食休憩の間も柱のそばを離れず、
 5.最後まで柱とともに行動する。
以上の流れで一日を過ごすことです。
忘れてならないのは、「その御柱を担当する市町村の法被を着て」曳行に参加することです。
そうでなければ氏子と認められません。
以上、「次回」木落としの参考までに……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋一の御柱(木落とし後)

20160410_2
柱が傾いたため、乗り手は落ちてしまいましたが、御柱は順調に坂を下りました。
一番太くて重い柱なので、これほど滑る(?)のは珍しいと思います。
予定時刻から2時間半遅れての木落としでしたが、祭りなのでこんなもんでしょう。
前回と同じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋一の御柱(山出し3日目)

20160410_1_2
最終日の曳行を待つ秋一の御柱です。
木落とし坂を下り、目的地である注連掛まで、通常なら徒歩で1時間もかからない距離を約12時間(長すぎ)かけて進みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春一の御柱

20160409
本日の曳行を終えて木落とし坂まで下りてきたら、ちょうど「春宮一」の御柱の木落としをするところでした。
かなり分かりづらいですが、柱を確認できれば幸いです。後ろからの写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から山出し

20160403_1

これを書いている時点で既に交通規制は始まっています。
我が家は規制区域内にあるため、今日から3日間は車を出せません。
さて、
今日から山出しです。
初日は下諏訪町が担当する柱は動きません。写真は明日の休憩所となっている場所。昨夜にうちにブルーシートを運んでおきました。
今回は町内会御柱祭副実行委員長なので、明日と明後日は秋一の御柱に朝から晩までついています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »